2008年3月6日木曜日

春のいたずら

花粉症対策でkaiにも協力してもらっています。
お散歩にはシャツ着用
シマシマにシマシマを合わせるという着こなし
今日は幼稚園に配達があったのでここで待っています。



この前、風の強い日の事

kaiは幼稚園くらいの子が苦手なのですが、
ちょうどお帰りの時間に通りがかってしまいました。


ハハの横にぴったりついてちゃんとお利口に歩くkai



「狼だ!」ひとりの女の子が砂をつかんでkaiに投げました。

その時、ピューっと神様の風が・・・

女の子は砂をかぶり目にもいっぱい入りました。
意地悪をすればわが身にふりかかるという教えを
身をもって体験した彼女
ひとつお利口になってヨカッタヨカッタ



4 件のコメント:

ひろやん。 さんのコメント...

その女の子、動物園とかで本物のオオカミを見たことがないのんでわ・・・。

こんなに目の優しいオオカミがいるわけないのにー。

kyonk さんのコメント...

わ~ (=^▽^=)
そのTシャツめちゃ似合ってます!
色も渋めでkaiくん益々ハンサム~イヤン♪

hanaも毎度ですよ
小型犬に「わんちゃんだ~」って近寄って行った子供達…
hanaを見るなり「こわーい」ってひいていきました…(- -;)
まぁhanaも子供が苦手なのでいいんですけどね。

naichan さんのコメント...

ひろやん。さま
おおかみ→悪者
幼稚園児にとってはそんな図式があるのでしょうね。
この前、モンゴルの子供がワシを調教して狼を狩るテレビを見て私は泣きそうでしたよ、ほんとに。

naichan さんのコメント...

kyonkさま
もう、ほんとうにくやしいよねっ!
普通、人間だとしたらどんなに怖い人でも、「この人怖い顔!」とは言わないのに、失礼よねっ!
あ、思い出したことがある。娘の仲良しの女の子、幼稚園のとき、ものすごく怖いおじさんに「おじちゃん、やくざ?」って聞いてその子のお母さんまっつぁおだったっけ。