2008年11月4日火曜日

犬千家流

またまた花見川にサクラ咲くめでたい季節になりました。
本日の講師は犬千家師範のkaiさんです。
「正しいほねっこの食べ方」
「ほねっこ」を所望する時は遠慮がちにお願いしましゅ。
相手の目を見つめ、背筋はピーン!でしゅよ。

頂けたらいつもの場所へ
ひとまず下におき、眺めましゅ。
形の美しさ、色艶をめでたあとは匂いも楽しんでくだしゃい。



いただく時はまず、右、三分の一から




そのあと真ん中
残りの左三分の一
と時間をかけていただきましゅ


太字

*注: 多頭飼いのお宅ではお勧めできません。




5 件のコメント:

ひろやん。 さんのコメント...

さすが犬千家の本家、ほねっこ1本にも作法通りのいただき方があるのですね。

前へ前へ出てがっつくうちのおてんば娘にもご指導いただきたいです・・・。

え?まずは飼い主から・・・?

kaipapa さんのコメント...

なるほど!
犬千家流の作法、カイにもしっかりと教え込んでおきます(^^♪

naichan さんのコメント...

ひろやん。さま
kaiは、食べ方がゆっくりなんです。
ほねっこは必ず3個に分けて食べます。
野生では生き残れません。元気良く食べる子がうらやましいです。

naichan さんのコメント...

kaipapaさま
カイちゃんは人間の子よりお行儀がいいですよね。
フレンチレストランでも通用しそうです。

うちのkaiは相変わらずスプーンでドッグフードを口に入れないと食べない困ったチャンです。

intelligence さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。